スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

明日からシャスタに行ってきます

明日、12日よりシャスタに行ってきます。

帰国は24日となりますので、メールなどのお問合せや

お申込みは25日以降にお願いします。


5月にAmaranaを名乗っていこうと決めてからの流れは

宇宙のお試しが複数ありました(笑)

Amaranaは、サンスクリット語や、ヒンドゥー語で「不滅」と

言う意味らしいですね。そんなことなど全く知らずに、

アモラが2009年に宇宙の私の名前として降ろしてくれました。


Amaranaを名乗ると、必然的に以前のサロン名が合わなくなり、

サロン名をHEAVENLY PROJECTと致しました。


HEVENLY PROJECTは、今ここで地上で天国を生きることを

共に創造する、地球のプロジェクトです。


なので、楽しいこと、面白い企画などもこれからたくさん

行っていこうと思います。


意識の目覚めと変容のサポート、覚醒しようとする魂たちの

多くはスターピープル、スターシードのスピリットたちです。


黄金時代の幕開けの2013年、新たなことが始動し始める感覚です。


自分自身の大きなカルマの清算や、遺伝的、家系的、肉体的な

クリアリングがほぼ終わり、(全て完璧という意味ではないですよ)

これからは、ほぼ内向きだったエネルギーをトランスパーソナルに

広く世間にAmaranaを表現してゆく時となりました。


なので、ブログもカスタマイズして頂きました。


なにせ、アナログの私。

ブログは思ったことを書いているだけだったのですねぇ。


このブログをカスタマイズして頂いたのは

アーチコアの多陀さんという金髪のデザイナーの方です。


人を輝かせるデザイン会社だそうです。


江戸堀にあった事務所をつい最近お引っ越しされまして、

うちのサロンから3分ほどのご近所さんになりました。


その、多陀さんと私が似ていると思ったところ・・・


二人ともパートナーを尊敬しているところでした。


「こんな変わり者の私を理解してサポートしてくれる人は

この人ぐらいしかいない。本当に尊敬に値する。」


という感覚です。男性で奥様のことをそのように

思われているところ、信頼できますよね。


私もパートナーくまさんのお話をすると

必ず褒めてしまいます。


素晴らしい男性には必ず傍らに素敵な女性が

存在するものなのです。


多陀さんには芯のしっかりした、すてきな奥様の存在を

私は感じたのでした。


ほったらかしのHPもリニューアルしようと思っています。

皆さま、気長にお待ちくださいませ。


お一人お一人のクライアントさまとは魂レベルのご縁で

繋がるソウルファミリーの仲間だと私は常に感じています。




明日12日から、足かけ6年目になります、毎年通っている

シャスタ山にスピリチュアルハッピーツアーに行ってきます。


参加者の方と毎日、朝は無極功で始まり、様々な聖地で

瞑想し、ワークもしてまいります。


シャスタの光のシティは常に私の活動拠点であり、

地下都市のテロスもまた同じです。


秋分は、シアトルから、チーフシアトルと繋がり

地球に光の奉仕を行ってきます。


帰国後は、28日(土)18時よりチャネリング瞑想会があります。


そちらでシャスタのエネルギーをたくさん感じて頂けるかと思いますので

いらしてくださいませ。


遠隔瞑想&秋分のイニシエーションに参加の皆さまは、

毎日の瞑想で深くAmaranaのサークルに繋がってくださいませ。


毎年会えていたアモラが光に還ったことは寂しいことですが、

以前よりも近しく彼女を感じています。


アモラの好きだった湖にも行ってくる予定です。


全く新しい旅立ちをする感覚が何故かある私です。


楽しんできますね。



Amarana



スポンサーサイト

2013/09/11 20:14 | つれづれCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

聖なるパートナーWSを終えて思うこと


思い返せば、2008年より行ってきているこのワークショップ。

2013年も1月、最初のワークが「神聖なる愛に帰還するWS」
だったこともあり、意味深い。

そして、名古屋、京都と行うことが出来ました。

パートナーシップや、セクシャリティー、愛について私自身が
苦悶してきたからの、内容になっており、人生、長く生きてくると
愛を体感し、愛を叫びたくなってくるのだろうか(笑)?


いや、多分、魂レベルの叫びのように思います。

スピリットが求めているのです。

人は一人でも完璧なのを思い出さなきゃいけないのだけれど、
この地球に分離の極みを学びになんぞ来ているもんだから、
本当に苦しむことを多く体験してきてしまい、
愛とは反対の怖れを本当だと思いこんでしまって・・・


愛を信じきれなくなっちゃうのだなぁ。

愛とは自分自身と言い変えることもできます。


私の尊敬するアモラは私に言ってくれました。


「地球の男性、みんなに怒りの手紙を書きなさい、宿題です。」


「え?」

そう、私の内側にある、父や、そのほか、男性に対する深い怒りを
アモちゃんは知ってたのです。そりゃ、ばれますなぁ(笑)


でも、規模が大きいぞ!と思っていたが、男性に対する怒りの手紙は
恐ろしいことに、スラスラ~っとまるで、自動書記のように
出てくるわ、出てくるわ・・・・

その後のワークも指導してもらいましたが、アモラはいつも真剣に
私の内側の闇を見てくれていて、私はアモラがいたから深い深い闇の
残像を多数解放することができたのでした。

それは、大きな愛の信頼の空間でないと、怖くて手放せない深い
カルマ的なものが多かったからです。


いつも対等な目線で、関係性を保ってくれたアモラの姿勢を
私は常にクライアントさんに保っています。


アモラが「私はあなたがたよりも少し先に学んでいるだけ。
知っていることを教えているだけだから、私を1ミリも上に
置かないで。」


本当に謙虚な方でした。

そして、アイドル扱いされるのを何よりも嫌っている
シャイな人でした。

謙虚さの中に彼女の神聖なスピリットがしっかりと立っており、
その存在の在り方はいつも静寂でした。

私は多くの愛をアモラに学んだ。

聖なるパートナーのWSは私のオリジナルですが、
アモラの教えてくれた愛の意識はいつも存在している感覚がある。


愛の学校の起源は、プレアデスのアルシオーネなのですが、
きっとそこでも一緒だったのでしょう。


私のライフワークには、「愛」が流れてる。

たくさんの方がご自身の愛に目覚めてゆかれますように・・・




Amarana



2013/09/09 18:20 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

カーアクティベーションの感想を頂きました

カー経路を活性化させることが覚醒に至る道のスタートであると
「覚醒への道」の著者アモラは言っていました。


スタートにしか過ぎないことを私はカーを活性化して改め感じ入り、
さらに謙虚な気持ちと、真摯に自己と向き合い続ける純粋性を
持ち続けることの大切さを学びました。

すてきな感想を頂戴しましたので、カーアクティベーションに
興味があり、真摯に覚醒への道の歩みを進めたい魂たちに
届きますように・・・

******************************

女性 I.Sさま カーアクティベーション感想

Amarana さま

こんばんは^^

今日は、カー・アクティベーションのセッションをありがとうございました。

前回、リーディングセッションを受けて、1週間は、
闇とつながるポータルに関する問題で、クリアリングに追われる日々でした。
何度も、深い恐怖に襲われましたが、いろんな方からのサポートや
FSP2で学んだクリアリングの手法に助けられたことを実感しました。
また、Amaranaさんの、「大丈夫^^」という軽やかな言葉から
大きな安心を受け取り、無事、カーセッションを受けることができて、
本当にうれしいとともに、一つのイニシエーションだったように改めて感じています。

また、今日のカーセッションの1回目でも、
なんともタイムリーにここ最近特に強く浮上していた問題に関するテーマが出たり、
今だからこそ、素直にしっくりと受け取れるというような
メッセージを伝えてもらったりして、あぁ、本当に受けて良かった。と感じました。

エネルギー的にもやわらかく繊細で微細な・・・なんともなめらかでやさしい
すべてにいきわたる浸透する 美しいエネルギーで、
ヒーリングベットの上で、こんなに深くリラックスしたことがない!というほど
リラックスして、すっかり眠ってしまいましたね^^笑

そして、帰ってからも、その素晴らしいエネルギーは続いていて
なんとも なんとも 深く 強く 素晴らしく そのエネルギーを全身で感じていました。

今 とても 穏やかで 平和で 至福に満ち 愛を感じ 
そしてまた、とても普通です。
普通に家族で食事し、TVを観て笑い、過ごしていましたが、
夫や娘からも、「お母さん、今日は普通に戻ったね。最近ずっと半分人間じゃなかっ
た感じなのに、なんか普通に人間みたい」と二人から言われました。

ようやく 人間に 地上に グランディングできたのかもしれません^^

とても 幸せです。とても 普通に 安心があります。
穏やかで 満ちています。

今 ここ このままで 愛そのものです。

なんという幸せ なんでしょう。

こんなに普通に幸せでいられるなんて・・・

ほんとうに ほんとうに カー・アクティベーションを受けて良かった。

導いて下さったアモラ
そして、セッションを提供して下さったAmaranaさんに
それから、すべてにサポートを下さった存在たち、ハイヤーセルフに
決心した私自身にも、深く深く深く感謝でいっぱいです。

ほんとうにこんなに素晴らしいセッションを愛をもってしてくださっている
Amaranさん、ありがとうございます。

シャスタの日々 どうぞ 存分に楽しんできて下さいね。

お帰りを楽しみに待っています。

感謝と愛をこめて

*************************************

I.Sさんは、ドルフィンスターテンプルミステリースクールのFSP2まで修了しておられ、
さらに、シータヒーリングのアナトミーも再受講されるなど、ご自身の霊性において
真摯に学びを続けて来られており、現在も今に生きることにコミットされている女性です。

今回、カーを活性化させることにはとても勇気が必要で迷われたことだと思いますが、

何故か、どこかで魂がその必然性を受け入れている部分があったと言われていました。

感想をブログにUPさせて頂くことも、必要な方に届けばと、ハートをオープンに
快諾してくださり、感謝です。セッションの最初にアモラのエネルギーが来てくれたので
二人で泣いてしまいましたが、何がおきたとしても偶然はないことを改めて感じました。


カー経路を活性化させる方はすでに魂レベルで決めてきていると私は思っています。

なざならば、144000人の目覚めたキリスト意識を地上に体現したいと

強く望んで転生してきている魂だからです。

反対にそうでなければ必要のないセッションであるとも言えるのです。

秘境的であり、イニシエーションであると思っています。

それは生き方、在り方の意識の上昇を体現をしてゆくという魂のコミットメントであり、

いい人を演じることでもなく、セラピストや、ヒーラーである必要もないのかもしれませんが、

純粋にカーを活性化させている人はエネルギーが全く違ってきます。


カーを活性化させている人のまわりの場はおのずと変化します。

意志のあるライトワーカー、様々ある覚醒への道のひとつの道であると言えます。

魂にはご縁があります。

誰から、何を学ぶのか?

それは霊性においてとても重要になります。

誰からエネルギーワークを受けるのか?

それらも非常に重要です。

カーアクティベーションは、肉体の7つのチャクラレベルのクリアリングは

終わっていなkれば受けることは難しいことです。

シータヒーリングでは、アナトミーは終了しておいて頂きたいです。

しかし、どこで、何を学ばなくてもカーアクティベーションを受ける気持ちの
ある方は、どうぞAmaranaにご相談ください。

あなたの魂の望みがそうであるならば、きっと受ける必要性があるのだと思います。

そして、純粋な意識はそれだけで恩寵と祝福がカーを活性化させてゆきます。

あなたの自己愛が無条件の愛と等しくなる時を想像してください。

そして、それをさらに超越してゆくこと、それがアセンションの状態です。

勝手な思いをつらつらと書きましたが、すばらしく神聖で微細、高波動の

コズミック・クンダリーニのエネルギーをあなた自身が地球にアンカーさせる存在と

感じる方には是非、おすすめする究極のエネルギーワークです。


そして、すべてのライトワーカー、スターピープルに送る愛の周波数でもあります。



Amarana









2013/09/04 23:51 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

チーフシアトルのサポートを思い出す旅

シャスタハッピーツアーの後にシアトルに行きます。
秋分のイニシエーションもチーフシアトルとともに行います。


シアトルの語源・・・

シアトルの名は、開拓者のひとりデビッド・ドック・メイナードが親交を深めた、スコーミッシュ族の酋長“シアルス(Sealth)”の名がなまって付けられたもの。タコマ、スポケン、ヤキマなど、ワシントン州にある都市の名は、1775年にスペインの探検家が上陸するまで先住していた約50種族のネイティブ・アメリカンらの言葉に由来しているものが多い。


1854年 アメリカ合衆国第14代大統領 ランクリン・ピアスが
それまで住んでいたインディアンたちの土地を買収彼らに居留地を与えると申し出ました。

翌年インディアンの首長シアトルはこの条例に署名します。

長い文章ですが、首長シアトルが大統領に宛てた日本語訳です。


はるかな空は涙をぬぐい
今日は美しく晴れた
あしたは雲が大地をおおうだろう
けれど 私の言葉は
星のように変わらない

ワシントンの大首長が
土地を買いたいといってきた
どうしたら空を買えるというのだろ?
そして大地を
私には わからない

風の匂いや水のきらめきを
あなたはいったいどうやって買おうというのだろ?
すべてこの地上にあるものは
わたしたちにとって神聖なもの

松の葉のいっぽんいっぽん
岸辺の砂のひとつぶひとつぶ
深い森を満たす霧や
草原になびく草の葉
葉影で羽音をたてる虫の一匹一匹にいたるまで

すべてはわたしたちの
遠い記憶の中で神聖に輝くもの
わたしたちの体に血がめぐるように
木々のなかを 樹液が流れている

わたしはこの大地の一部で
大地は わたし自身なのだ

香りたつ花はわたしたちの姉妹
熊や鹿や大鷲はわたしたちの兄弟

岩山のけわしさも
草原のみずみずしさも
子馬の体のぬくもりも
すべて同じひとつの家族のものだ

川を流れるまぶしい水は
ただの水ではない
それは 祖父のそのまた祖父たちの血

小川のせせらぎは祖母の
そのまた祖母たちの声
湖の水面にゆれるほのかな影は
わたしたちの遠い思い出を語る

川は わたしたちの兄弟
乾きをいやしカヌーを運び
子どもたちに惜し気もなく食べ物を与える

白い人よ
どうかあなたの兄弟にするように
川にやさしくしてほしい

空気はすばらしいもの
それはすべての生き物の命をささえ
その命に魂を吹き込む

生まれたばかりのわたしに
はじめての息を与えてくれた風は
死んでいくわたしの
最後の吐息を受け入れる風

だから白い人よ
どうかこの大地と空気を
神聖なままにしておいてほしい

草原の花々が
甘く染めた風の香りをかぐ場所として

死んで星々の間を歩くころになると
白い人は
自分が生まれた土地のことを忘れてしまう

けれどわたしたちは
死んだ後でも
この美しい土地のことを決して忘れはしない
わたしたちを生んでくれた母なる大地を

わたしたちが立っているこの大地は
わたしたちの祖父や祖母の灰からできている

大地はわたしたちの命によって豊かなのだ

それなのに白い人は
母なる大地を
父なる空を
まるで羊か光るビーズ玉のように
売り買いしようとする

大地をむさぼりつくし
後は砂漠しか残さない

白い人の町の景色は
わたしたちの目に痛い
白い人の町の音は
わたしたちの耳に痛い

水面を駆け抜ける風の音や
雨が洗い浄めた空の匂い
松の香りに染まった柔らかい闇のほうがどんなにいいだろう

ヨタカのさみしげな鳴き声や
夜の池のほとりの蛙のおしゃべりを聞くことができなかったら
人生はいったいどんな意味があるというのだろう
わたしにはわからない

白い人はなぜ
煙をはいて走る鉄の馬のほうが
バッファローよりも大切なのか
わたしたちの命をつなぐために
その命をくれるバッファローよりも
わたしたちにはあなたがたの望むものがわからない

バッファローが殺しつくされてしまったら
野生の馬がすべて飼い馴らされてしまったら
いったいどうなってしまうのだろ?

聖なる森の奥深くまで人間の匂いがたちこめたとき
いったい なにが起こるのだろ?
獣たちがいなかったら
人間はいったいなんなのだろう?
獣たちがすべて消えてしまったら
深い魂のさみしさから
人間は 死んでしまうだろう

大地はわたしたちに属しているのではない
わたしたちが 大地に属しているのだ

確かなことはどんな人間でも
赤い人も
白い人も
わけることはできないということ

わたしたちは結局同じひとつの兄弟なのだ
わたしが大地の一部であるように

あなたもまたこの大地の一部なのだ

大地がわたしたちにとってかけがえのないように
あなたがたにとってもかけがえのないものなのだ

だから 白い人よ
わたしたちが子どもたちに伝えてきたように
あなたの子どもに伝えてほしい

大地はわたしたちの母
大地にふりかかることは
すべてわたしたち大地の息子と娘たちにふりかかるのだと

あらゆるものがつながっている
わたしたちがこの命の織物を織ったのではない

わたしたちはその中の一本の糸にすぎないのだ
生まれたばかりの赤ん坊が母親の胸の鼓動をしたうように
わたしたちはこの大地をしたっている

もしわたしたちが
どうしてもここを立ち去らなければならないのだとしたら

どうか白い人よ
わたしたちが大切にしたように
この大地を大切にしてほしい
美しい大地の思い出を受け取ったときのままの姿で
心に刻みつけておいてほしい

そしてあなたの子どもたちのそのまた子どもたちのために
この大地を守り続け
わたしたちが愛したように
愛してほしい

いつまでも どうか いつまでも



2013/09/01 22:28 | 光のことばCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

大空へ


あなたがたが到達したことのない世界を今ここに創造してゆくのです。

どのようなエッセンスが必要かはハートだけが知っています。

あなたがたが傷つけあった歴史、搾取し続けたあらゆるものへの

執着を手放してほしいと思います。



全ては、罪悪感や、後悔、懺悔すら必要としていないのです。


謝りたいのですか?

許してほしいのですか?

認めてほしいのですか?


私たちは一瞬一瞬のあなたがたの波動だけを見ています。


謝る必要などないのです。

すでに許されているのです。

そして、最初から承認されているのです。



それをあなたがたが信じていないだけ、信頼していないだけ。


さぁ、大空へ飛び立つような気分でいてください。

無理ですか?


笑いながら、そして飛ぶのです。


あなたがたは地上の天使ですが、飛べるのです。


思い出してください。




大天使ジェレミエル






2013/08/29 10:40 | チャネリングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。