スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

感謝されちゃいました


カナダに留学中の娘からLINEで

生んで育ててくれてありがとう〜、

ママのもとに生まれてよかった〜、

いつもサポートありがとう〜!!

と、唐突に感謝されました^_^


何か生きててよかった〜という体験でも

したのかな?先日、何かに書いてあった記事に

3歳の子どもが『俺なんてどーせ何も出来ない』って

口癖のように言うのが切なくなると保母さん談。

多分、最近のお母さん達は子どもに年齢以上の

難しい事をさせたりしている弊害だとか書いてあった。



私は子ども達には本当に生きる喜びをたくさん

教えてもらった気がしています。

もしかしたら、私が人間らしくなったのは

娘を生んでからかもしれないなぁ。


人間らしくなるってのは苦しい事を感じるように

なるって事も含めてです。



娘には、こちらこそ、私のところに生まれてくることに

同意してくれてありがとうございますって感じです。


若者に言ってあげたいこと。

それは、これからもっともっと人生は楽しくなってく

ってことであります。

私がそう感じています。

年齢を重ねる毎に生きる事が楽に楽しくなってくる。

多分、自分に正直に生きることだけをしてきたら

そうなってくでしょう。


思いがけず、親孝行してもらえた幸せ気分の

Amaranaでした。




スポンサーサイト

2013/08/09 21:27 | 光の子育て日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

肉体を通して学ぶこと


今日、初めて息子の部活(テニス)の試合を観戦してきました。

と言っても、引退試合になるので最後の試合でした。


中学の3年間は早いものですね。


息子は私たちの時代とは打って変わって、とても素直で純粋な気のいい仲間に

囲まれて、楽しくクラブ活動に汗を流し、中学生活を送れました。


先輩たちも優しい人ばかりでした。

穏やかなのです。


クラブの仲間も楽しんでいますが、闘争心むき出しのガッツのあるタイプはおらず、

(なので勝負の結果はあまり期待できませんが^^。)

顧問の先生の熱血に少し距離を置く感覚があったり(笑)


今時の子どもらしいなぁと思います。


しかし、これも私が見ている現実の世界の話です。

もっとひどいいじめがある学校もあるのでしょうが、

私は本当に息子を通して、彼らの世界の平和的な感覚に日々学ばせてもらっています。



先日も隣駅近くの夏祭りに友人と出かけて行きました。


帰宅後に会話すると、

「知らないお兄さんが声をかけてきた。高校生だったけど、優しい人だった。」

かいつまんでいますが、私の古いパラダイムの感覚は・・・

夏祭り→少年→怖いお兄さん→かつあげをされる・・・・


このシナリオ、とても昭和な感じですが、

そのお兄さんは怖くも無く、友好的だったらしい。



多分、消さなくてはいけないのは私の頭の古いパラダイムなのだ(笑)


息子たちはもうすでに全く新しい黄金時代のパラレルワールドに存在しているに違いない。


彼らの選択に戦争や、闘争、奪い合いも枯渇もなく、

無意識下ではすでに満たされており、

顕在意識的な悩み事はあったとしても、それは乗り越えてゆけるものであり、

肉体を持って楽しんでいる全てが学びに過ぎないのだということ。



今まで何度もあたり、勝ったことの無かった強豪の一番手に

息子は勝って仲間や先生をとても感動させていた。


そして、その時の笑顔はとてもすばらしかった。

私も幸せを頂けました。


楽しく時を過ごせる仲間と、熱心で少し煙たがられている顧問の先生、

彼のまわりにいる全ての人にも感謝を感じました。


いつもこうして子どもたちは私に気づきや喜び、光を与えてくれます。


本当に楽しかったです。


感謝。




Amarana










2013/07/30 20:41 | 光の子育て日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

がんばらなくてもいいよ


私たち夫婦、夫も私も過酷な受験戦争を超えておりません。

二人とも親から「勉強しなさい」と言われたことがありません。


夫のご両親は息子を信頼し、絶対的な愛と寛容さから・・・

私の母は、それどころではなかったから・・・


でも、それなりに人生生きてこれるんだなぁ~ってふうになっとります。


なので、今、中学3年生の息子にも「がんばれ」みたいな言葉を

かけるのをためらいます。



お勉強が好きならいいけどね。


朝起きて、学校行って、机に座っているだけでも花丸をあげたい気分の私には

がんばらなくてもいいんだよ~とか思っちゃう。


どうも自分が行きたい高校は少しだけがんばらないといけないみたいですね。


自分が好きなことでなければやる気や元気は出てこないので。


親としては、どんな学校に行ったとしても楽しい友達がたくさん出来てくれたら

それが一番の願いではないでしょうか。



結局、お勉強もそうですが、人間としてのコミュニケーションを学んだり、

いろんな人間がいるんだなぁ~って体感する場でもありますよね、学校は。


天使の軍団に息子の進学もお願いしときましょう~(笑)


シータでも出来ることはたくさんありますね。


すべてはうまくいっている、そう、宇宙は最高最善に動いています。


私は不安を手放して、息子に大きく愛をそそいであげましょうと思いました。


もうすぐ、15歳ですが、15年も毎日、かわいいなぁと思い続けられ、

そして、愛していることを感じられ、感謝できること・・・・


それ自体が私には奇跡のように感じられ、私は頭がおかしいのかな?と

思う日もありますが、愛って枯渇しないのですね~。


本当に生まれてきてくれてありがとう、感謝です。


少年になり、悩み事もあるのでしょうが、少し変わったママでごめんね。

私を受容してくれていることも理解しています。


家族のことを考えると、最近、ハートから愛が溢れだしてくるのが感じられます。


幸せだな~~~。

これからの黄金時代、この感覚がますます大きく広がってゆくのですよ~。


なんてすばらしい世界なのでしょうか。


愛し、愛され、進化、変容して、今日も感謝、感謝です。






2013/07/04 20:39 | 光の子育て日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

愛してる


大阪人としては、この「アイシテル」という言葉、

親などからも到底言われたこともないし、

つきあってた彼が言ってくれたか?と思うと記憶に無い。



多分、大阪の男性は「好きやねん」になるのかな?


そんな大阪の風習(か、どうかはわかりませんが)をもろともせず、

私はよく子どもたちに「愛してるよ~」と言ってきた。


最近は海外留学中の娘とのラインにて文字で送ったり(笑)


日本人の中にある、言わないでもわかってるでしょ?的な感覚も

私は嫌いでは無いし、とても奥ゆかしく、よい面もあると思います。


が、まさに運動クラブのように、


「声出していこう!!!」

という感じでしょうか(笑)



なので、夫なども日本人男性ですので、そして大阪人であるし、

「アイシテル」なんて単語は多分、口から発したことなど無かったのだと思う。


しかし、言わないと叱られるので、言えるようになってきた次第です。


これは、ある意味、訓練とでも言おうか。


愛情表現はしようよという感じです。


いつもいつも、夫も言えるわけではありませんが、

言わないといけないのね~と思うように訓練&教育したようなもの(笑)



言わなくても家庭の中で愛はただ流れているけれど、

「声だしていこう!!」という感じかな。


すてきな言葉だもんね。

愛してるって。



でも、気づいていたのは、私自身愛されているという感覚を

あまり持てずに育ったので、

そのことで余計に子どもたちには愛されているんだよ~~~!を

必死に伝えたかったのだと思います。



そして、それは私が私自身を愛することと一緒になって

希薄だった、そしてよくわからなかった愛するということの

実践を子育てを通して無償に学ばせて頂いたのでしょう。


愛する人がいて、愛を注がせていただける対象が人として

この世に物体化していることの幸せを私はいつも感じているのです。


大げさなように聞こえるかもしれませんが、

それくらい私にとって家族は大切な存在。


アモラは光になってさらに近く感じます。

アモラも魂の光の家族です。



自然や地球、宇宙にも愛は感じますが、

それ以上に、今、人間として触れ合えるこの貴重な時間を

大切にしてゆきたいなぁと本当に思います。



そして、その愛の体験こそがまたハートからあふれ出る

光となって私のまわりに伝搬されるのでしょう。


地上の愛と高次の愛はハートでビッグクロスを創ります。


私が大好きだった清志郎も言ってました。


「愛しあってるかぁ~~い??」









愛の学校、8月開講決定!!!


受講生を募集しています。


◆愛の学校・8月開講受講生募集!◆


日程  8月24日25日、9月28日29日、10月19日20日
     全日程、土日の6日間

時間  10時30分~17時


参加費  144000円
     再受講の方・・・77000円


定員   8名(残席 6名)


内容   愛を生きる、学ぶ学校です。
     自分自身が愛の状態で存在できるように自己愛を学びます。
     
     実際的な内容はエネルギーワークも含みます。
     これからの時代に必要なセンタリング、グラウンディング含む。

     スピリチュアルをリアルに生きるために、必要な知識や、
     多次元宇宙の構造や、魂ついて・・・


様々な所で、ヒーリングやエネルギーワークを学んできた方、
また、主婦や、OLの方も、魂がピン!と感じたならば
是非、受講なさってみてください。

自分自身のまだ知らない部分を発見できたり、ソウルメイトとの
うれしい再会もあるでしょう。

内容は集まってくる魂たちによっても若干変更されます。

毎回、参加者とのシェアリング、光の瞑想は行いますので
クリアリングと変容は加速されることでしょう。 



※お問い合わせ&質問などはメールで!
heavenly_project888@yahoo.co.jp  Amaranaまでどうぞ^^。







2013/07/02 09:00 | 光の子育て日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

霊的繋がり



久しぶりに光の子育て日記。


息子はもう中学3年生になります。

小学1年生の時にアモラに富士山で出逢っています。


というか、私の娘も夫もアモラに会っているのですが、

アモラの個人セッションの時や、そのほかでも、

この息子はよく会話に登場してくrのでした。



アモラは、「あなたの息子は今世、ヒーラーとして強くコミットして

地上に来ているわよ。あなたの知っていること全てを教えてあげなさい。」


これは霊的な次元の話で、実際の息子は特にスピリチュアルなことに敏感な

体質ではありません。多分、まだ閉じているのでしょう。


でも、繊細な感性と、純粋なハート、優しい人柄はアモラがヒーラーと

認識するエネルギーを保持しているのだと思います。



助産院で大きな子(4010g!!)を産んで、胸においてもらった時に

「あ~~、頼りになるわぁ。」とハートが喜んだのでした。


この頼りになるという感覚は霊的なものだったと後から理解できましたが、

その時は何で赤ちゃんに対してこの感覚??と思いましたよ^^。



私は自分が子どもが好きだなんて思ってもいませんでしたし、

子ども扱いも苦手、遊んであげるのも嫌いなタイプでした。


でも、人間って本当に自分勝手ですね~。

我が子が生まれると、全く違う感覚で、かわいいなぁ~と思いながら

育てることが出来ました。


子どもを産むと母親は自分のことを後回しにして子どもを育てることとなります。


その事にストレスを感じないほどになっていたら、子育ては楽しく、クリエィティブな

ものになりますが、非常にストレスになる人も多いのは理解できます。


私も娘が大きくなるにつれ私のインナーチャイルドが怒り出しまして、

娘とともに成長してきたような感覚があります。



アモラにヒーラーよと言われた息子は、本当に私には癒しの天使くんになってくれています。


母親の仕事の事も理解していますが、自分が普通に友達と遊び、人に私の仕事を

聞かれると「知らん」と答えているのだそうです(笑)。


多分、説明がめんどくさいのでしょう。


先日、ボディトークというセッション(私も少し学んだものです)を自己メンテで

行ってきました所、その中でもアモラと私、そして息子が霊的なつながりがあると言われました。


生まれてきてくれてありがとうといつも思いますが、

パートナーとの関係性は他人のところから始まっているので

もしかすると別れてしまう危うさがありますが、子どもって一等親ですものね~。


無条件に愛する対象として意識を学ぶステップとして、子育ては

とても深い学びができますね。


その無条件の愛をさらにまわりの人へと広げてゆけたらいいですね。

まずは、自分から。

そして、家族、さらに大きく・・・



パートナーや、お子さん、親との関係性で悩んでいる方も多いかと思います。

関係性の問題のクリアリング、この宇宙は急がれていると感じます。



セッションなどのお申込み・お問い合わせは・・・heavenly_project888@yahoo.co.jp

Amarana まで!!

2013/06/26 12:47 | 光の子育て日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。