スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

チーフシアトルのサポートを思い出す旅

シャスタハッピーツアーの後にシアトルに行きます。
秋分のイニシエーションもチーフシアトルとともに行います。


シアトルの語源・・・

シアトルの名は、開拓者のひとりデビッド・ドック・メイナードが親交を深めた、スコーミッシュ族の酋長“シアルス(Sealth)”の名がなまって付けられたもの。タコマ、スポケン、ヤキマなど、ワシントン州にある都市の名は、1775年にスペインの探検家が上陸するまで先住していた約50種族のネイティブ・アメリカンらの言葉に由来しているものが多い。


1854年 アメリカ合衆国第14代大統領 ランクリン・ピアスが
それまで住んでいたインディアンたちの土地を買収彼らに居留地を与えると申し出ました。

翌年インディアンの首長シアトルはこの条例に署名します。

長い文章ですが、首長シアトルが大統領に宛てた日本語訳です。


はるかな空は涙をぬぐい
今日は美しく晴れた
あしたは雲が大地をおおうだろう
けれど 私の言葉は
星のように変わらない

ワシントンの大首長が
土地を買いたいといってきた
どうしたら空を買えるというのだろ?
そして大地を
私には わからない

風の匂いや水のきらめきを
あなたはいったいどうやって買おうというのだろ?
すべてこの地上にあるものは
わたしたちにとって神聖なもの

松の葉のいっぽんいっぽん
岸辺の砂のひとつぶひとつぶ
深い森を満たす霧や
草原になびく草の葉
葉影で羽音をたてる虫の一匹一匹にいたるまで

すべてはわたしたちの
遠い記憶の中で神聖に輝くもの
わたしたちの体に血がめぐるように
木々のなかを 樹液が流れている

わたしはこの大地の一部で
大地は わたし自身なのだ

香りたつ花はわたしたちの姉妹
熊や鹿や大鷲はわたしたちの兄弟

岩山のけわしさも
草原のみずみずしさも
子馬の体のぬくもりも
すべて同じひとつの家族のものだ

川を流れるまぶしい水は
ただの水ではない
それは 祖父のそのまた祖父たちの血

小川のせせらぎは祖母の
そのまた祖母たちの声
湖の水面にゆれるほのかな影は
わたしたちの遠い思い出を語る

川は わたしたちの兄弟
乾きをいやしカヌーを運び
子どもたちに惜し気もなく食べ物を与える

白い人よ
どうかあなたの兄弟にするように
川にやさしくしてほしい

空気はすばらしいもの
それはすべての生き物の命をささえ
その命に魂を吹き込む

生まれたばかりのわたしに
はじめての息を与えてくれた風は
死んでいくわたしの
最後の吐息を受け入れる風

だから白い人よ
どうかこの大地と空気を
神聖なままにしておいてほしい

草原の花々が
甘く染めた風の香りをかぐ場所として

死んで星々の間を歩くころになると
白い人は
自分が生まれた土地のことを忘れてしまう

けれどわたしたちは
死んだ後でも
この美しい土地のことを決して忘れはしない
わたしたちを生んでくれた母なる大地を

わたしたちが立っているこの大地は
わたしたちの祖父や祖母の灰からできている

大地はわたしたちの命によって豊かなのだ

それなのに白い人は
母なる大地を
父なる空を
まるで羊か光るビーズ玉のように
売り買いしようとする

大地をむさぼりつくし
後は砂漠しか残さない

白い人の町の景色は
わたしたちの目に痛い
白い人の町の音は
わたしたちの耳に痛い

水面を駆け抜ける風の音や
雨が洗い浄めた空の匂い
松の香りに染まった柔らかい闇のほうがどんなにいいだろう

ヨタカのさみしげな鳴き声や
夜の池のほとりの蛙のおしゃべりを聞くことができなかったら
人生はいったいどんな意味があるというのだろう
わたしにはわからない

白い人はなぜ
煙をはいて走る鉄の馬のほうが
バッファローよりも大切なのか
わたしたちの命をつなぐために
その命をくれるバッファローよりも
わたしたちにはあなたがたの望むものがわからない

バッファローが殺しつくされてしまったら
野生の馬がすべて飼い馴らされてしまったら
いったいどうなってしまうのだろ?

聖なる森の奥深くまで人間の匂いがたちこめたとき
いったい なにが起こるのだろ?
獣たちがいなかったら
人間はいったいなんなのだろう?
獣たちがすべて消えてしまったら
深い魂のさみしさから
人間は 死んでしまうだろう

大地はわたしたちに属しているのではない
わたしたちが 大地に属しているのだ

確かなことはどんな人間でも
赤い人も
白い人も
わけることはできないということ

わたしたちは結局同じひとつの兄弟なのだ
わたしが大地の一部であるように

あなたもまたこの大地の一部なのだ

大地がわたしたちにとってかけがえのないように
あなたがたにとってもかけがえのないものなのだ

だから 白い人よ
わたしたちが子どもたちに伝えてきたように
あなたの子どもに伝えてほしい

大地はわたしたちの母
大地にふりかかることは
すべてわたしたち大地の息子と娘たちにふりかかるのだと

あらゆるものがつながっている
わたしたちがこの命の織物を織ったのではない

わたしたちはその中の一本の糸にすぎないのだ
生まれたばかりの赤ん坊が母親の胸の鼓動をしたうように
わたしたちはこの大地をしたっている

もしわたしたちが
どうしてもここを立ち去らなければならないのだとしたら

どうか白い人よ
わたしたちが大切にしたように
この大地を大切にしてほしい
美しい大地の思い出を受け取ったときのままの姿で
心に刻みつけておいてほしい

そしてあなたの子どもたちのそのまた子どもたちのために
この大地を守り続け
わたしたちが愛したように
愛してほしい

いつまでも どうか いつまでも



スポンサーサイト

2013/09/01 22:28 | 光のことばCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

意識レベルの違い

意識のレベルというのは同じ言葉を聞いてもどのように感じるかとか、

何を想像するかに関係してくるもので、発する言葉にも表れてきます。



自分自身のことを同じく集まった魂の方たちを深く信頼して

自己開示が出来るということはハートの柔らかさとオープンさに関ってきます。


愛と言うものは優しい側面だけではありません。


今、TVのCMで、若い漁師さんが船の上で叱られます。

ふてくされていると、武者姿の男性が現れて、

叱られていると思うのか、教えてもらっていると思うのか、自分次第だ

みたいなことを言うのです。



今までたくさんの受講生さんやクライアントさんを見てきての感想ですが、

自分自身の見たくないところ、見せたくないところが多い人ほど変容が遅くなります。


それは、その部分を自分で自分のものであるのにも関らず、認められずに、

恥ずかしいと思ってジャッジしてしまっているのです。


ジャッジされた肉体(自己)はたまったものではありません。

憤慨して怒りだしますよね?


あらゆる病気、アトピーなども含め、自分自身へのメッセージをしっかりと

受け止めて前へ進んでいかなければなりません。


子育てや近隣の方とのもめごとも全てそうです。


外側から起こっているあらゆることは全て自分の内面の表れであり、

本当に真摯に受け止めなければその先へは進めません。


人からどのように見られるか、どのように感じられるかということを

気にしているには本当にエゴの意識であり、自分自身のことも、

相手のことも信頼できていないのです。


意識レベルが上がってくると自然と全ては自己責任であるということが

深い部分で理解ができるようになってきますが、そこまでに行くのに

苦しくて、悲しくて、自分に言いわけをして、何か問題があると

その責任を他のものにすり替えてしまうのです。


そのすり替えは、ずっと続いていくことになります。


どこかですり替えている自分に気づかなければいけませんが、

自分で気づける人はすり替えません。



私は最近、本当に意識の分化が加速しているのを感じています。


誰かの言葉に依存するのではなく、自分のことを信頼できている方は

他の人のことも信頼できます。


私のことを恐いと言われる方もいらっしゃいます。

それは鏡の質が強くなっているからだと感じます。


意識レベルの進化した方はそれすら自分で理解しておられ、

私の中のものが怖れとなって出てきているのですねと納得されますが。



エネルギーをプロテクトするという考えがありますが、2013年以降は

すでに新しい意識になっていると私は感じており、プロテクトするという事も

その意識の違いによってはさらにプロテクトしなければならない状況を引き寄せます。


なえならば、自分自身が弱いエネルギーを受けてしまう存在であるからプロテクト

しなければならないと宇宙に認めているようなものだからです。



そのような意味において、プロテクトは意味をなしておらず、

そこには分離の意識と抵抗の意識さえ存在してしまっていることがあります。


確かに、今の地球においては玉石混交で本当に色々な存在がいます。

愛の意識で自分以外のエネルギーは引き受けないという意図を持って

境界線をしっかりと保つという考えの方が私は好きです。


プロテクトというよりも、しっかりと愛の場をホールドし続けるということを

愛の学校ではお伝えしてゆきます。


この地球上で本当に手放していかなければならない7つの太陽系のカルマは、

傲慢、耽溺、偏見、憎しみ、暴力、犠牲、恥というパターンです。


すでに地球はどんどんと意識を自ら浄化し(異常気象は浄化です)、そして

銀河の中心からのすばらしい光を受けながら新しく誕生するために

変容をしていってます。


あなたの中の(決して外側にあるのではなく)、傲慢、耽溺、偏見、

憎しみ、暴力性、犠牲、恥を感じるあらゆるものをリリースしていってください。


その事自体があなたを、地球を救う光の奉仕になります。


私はとてもすばらしい活動家の方たちの中にもこのカルマのパターンを

常に発見します。それは人間らしいと言えばそうですし、人にはそれぞれの

プロセスがあるのでまるでドラマを見るように、また過去世を見るように

見ていますが、この集合意識のカルマパターンは手放してゆきたいものです。


意識のパラレルワールドは加速しています。


真実の神聖な愛に標準を持って、自分自身に常に真摯であってください。

あなたがどんなあなたであろうと恥を感じる必要性はないからです。


反対に、自己欺瞞(自分の真実にウソをつき人のせいにするさま)をしながら、

何かにすり替えながら責任を果たすことをしていなければ、そのつけは

すべて自分でとらなければならなくなります。


多くの天使たちは今本当に私たちのサポートをするために私たちのまわりにスタンバイ

してくれています。


ゆだねること、ゆだねきり、子どものように信頼して眠ることを

思いだしましょう。すでにこの地球は天国に移行していっています。




Amarana











2013/08/02 01:56 | 光のことばCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

悲しみは進化

昨日から私事で深い悲しみとともに存在しています。

肉体からたくさんの涙があふれ、この肉体に深く溜まっていたものが

優しくリリースされてゆくのを感じています。


悲しみの内容はまたお話できる日が来たらお伝えしてゆこうと思います。


私は学ぶことが好きですし、とてもパワフルで明るいように見られます。

それも事実です。


そして、クライアントさんや、受講生の方たちからは

もう解放は終わっているんじゃないですか~などと言われたりしますが、

その度に、自分で自己の価値を認めていることと、傲慢になることの違いを感じます。


私は私の意識の透明性にしっかりと意識的であると同時に、

人間としての感情や感覚も持ち合わせています。


人間とは単純なものであるという反面、意識の広大さは宇宙と等しいと感じています。


単純な生き方を選択できればよかったのですが、私の人生は複雑でしたし、

葛藤が多かったので、今のような光の奉仕が出来るようになったのだと思っています。


なので、小さい頃からサイキック性があったからヒーラーになったのではなく、

完全に閉じた意識を長い年月をかけて目覚めさせてきたのです。


だから、目覚めにある方たちのサポートが楽々と出来るのは、

私に出来たことが他の人には出来ないという感覚が無いからです。



今朝、光の書(アレクサンドラ・ソルナード)のキリストにたずねてみました。

その中で、「進化」というメッセージを頂きました。


抜粋


怒りは進化に至る手段ではありません。しかし、悲しみはそうです。

憎しみは進化に至る手段ではありません。しかし、悲しみはそうです。

罪悪感は進化に至る手段ではありません。しかし、悲しみはそうです。

・・・・

自分の悲しみと向き合い、そのままの状態でいてください。

しばらくは他のことは忘れましょう。

自分がああすべきだったとか、相手がこうすべきだったとか、考えることは

辞めてください。



ただ、悲しみを感じてください。

ただ、悲しみを感じてください。


悲しみを感じた瞬間に、あたなは自由を受け入れ、あるがままの人生を

受け入れるのです。

現実を受け入れるのです。

そして、進化を受け入れたことになるのです。





とめどなく流れてくる涙は私を癒し、流れた分の空間には愛が流れ込んできます。

宇宙の孤独などという幻想は無くなったかわりに、

今は本当に人間としての深い部分に持ちあわせていた悲しみという感情が流れて行っています。



人が泣けるということの解放を私は幾度も体験し、その重要性を知っています。

昨日も魂の仲間の数人かが、私の悲しみの体験を共有してくれました。

本当に感謝です。



私は悔しくて泣いているのでもなく、怒りで泣いているのでもなく、

ただ本当に悲しくて泣いている。


そして、悲しくても泣けなかった子ども時代や、自分の感情すらしっかりと

理解できずに、泣けない大人の私の愛してやまないクライアントさんたちに向けて・・・



悲しみは進化。


このキリストのメッセージ、すごいタイミングでした。

今、私はまた新たなステージへ進化している。



多くのものがリリースされ、天の祝福を受けています。


白いキリストの光に包まれながら・・・



Amarana

2013/06/14 09:28 | 光のことばCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

自分自身を愛で満たすということ

私たちは愛を学ぶためにこの惑星・地球に肉体を持って転生してきています。

私は自分自身の意識の目覚めと同時に、自ら持ち越してきた多くのネガティブな

パターンや過去のカルマを癒すことを行ってきました。


そして、それは今もなお、全てが光に統合されているとは言えないまでも、

人生を生きると言うことを通して日々、進化・変容していっている実感を

受け取っています。


それは苦しみからも感謝を受け取り、学びにし、修行僧のようにクリアリングを

すすめてきました。


私の意識は常に内側を向いており、クライアントさんの名前やお顔を覚えるのも

本当はとても苦手です。(失礼しております!)



罪悪感や、自責の念は自分を傷つけるだけでは無く、家族やまわりの人にも

本質的にはよい影響を与えていないということを深い意味で理解しなければいけまん。



それを持ってしまった自分に気づいたならば、もうすでに許されているのです。

そのことをあなたは悪意を持って行動に移しましたか?

あなた自身も苦しんだはずです。



モーニング娘。の矢口真理さんが不倫をしたとかで糾弾されていますが、

人は人を責めれるのか?と私は疑問に思うのです。


もし夫婦の片方が不倫(この言葉自体があまり好きではありませんが・・・)を

したのならば、それは夫婦双方の間の問題であって、部外者は関係が無いはず。


ま、しかし、芸能人の方なので、スポンサーやらなんやらと、虚構の世界は

それらの契約に対しては責任があるのでしょう。



人を責めるのは簡単ですが、その人の感情にも憐みでは無い意識で

愛を持って存在していたいものだと最近強く感じるようになってきました。


よくクライアントさんに、笑顔でいてね、とか、感謝を見つけてねと言っていますが、

それらを実践するだけで自分が放っている周波数が変化してゆきます。


自然とまわりによいエネルギーを放っていることになります。


自己愛は地球、宇宙への光の奉仕なのです。





2013/06/11 16:33 | 光のことばCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

地震が相次いでおりますが


先日の淡路島が震源の地震に続き、日本列島、揺れていますね。

そして、今日も四川で大きな被害の出る地震があったようです。

四川省では2008年5月12日、M8.0の地震が発生、

死者・行方不明者約8万7000人の甚大な被害が出たことが記憶にあるかと思います。



この2008年の四川の地震の時には私個人的には理解が出来ていなかったの

ですが、私はこの地震直後から3日間、鬱のような感覚とハートが強烈に痛くて

寝込んでしまいました。


涙は出てくるし(この地震に関して一切同情的な感覚は無かったのにも関らずです)、

久しぶりに「死にたい」と思うような感覚がこみ上げてきたのを覚えています。


自己浄化やスピリチュアルなワークや瞑想を続けているのにも関らず、この感覚は

一体何なんだ???と虚無感と脱力、無意味感で友人にSOSを頼んだものです。


友人たちは異口同音に「インナーチャイルドが・・・」と言ってヒーリングを施して

くれましたが・・・



少しずつ元気になり、あるチャネラーさんに後日言われた言葉が一番しっくりときた。


「あなたはその時、多くの方のアセンションを手伝っていた。

そして、その地獄絵図もしっかりと見て感じていたので肉体は辛くなった。

まさに、普通のしんどさやだるさではなく、死にそうにお辛かったでしょう?」



そう!まさにそのような体感覚。


どこの天災でもこのようになるわけでは無く、自分の魂にご縁があるからそうなるとか・・・

スマトラの地震の時はならなったもの。


しかし、その時に思ったのです。


これからの時代、このように地球の波動に連動しすぎると体がいくつあっても足りないと・・・

なので、様々な契約や、思い込みなどを手放し、身軽になったので

以来、あのような感覚は感じたことはありません。


地球は生きています。

そして、現在はすでに文明の過渡期に入っています。

文明は現れては消えてゆきます。

宇宙のリズムです。

抵抗すらできません。



どうか、達観なさってください。

阪神大震災の時に本当に腹に落ちたこと・・・

「この世で仕事が残っている人は死ねないんだ。

そして、助かる人は助かるし、全ては天命なのだ。」ということです。



そして、ひとりひとりが達観し、楽観し、地球に感謝して

楽しく一瞬一瞬を生きていたならば怖れることは何もないのです。


メガネをかけ変えて、全てが善きことの方へ向かっていると信頼していてください。


それでも怖れや不安が出てくのであれば、あなたの肉体に刻まれた過去の記憶です。

それらを癒していってください。


あなたは宇宙から完全に守られており、安全です。


この言葉を幼子のように純粋に信じることが出来ますか?


あなたの信頼を試されています。


あなたは何を信用し、信頼していますか?


もうすでに喜びの世界はオープンゲートされています。


そちらに歩を進めましょう













2013/04/20 16:49 | 光のことばCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。