スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

色情霊というもの


少し、アストラルの世界の話になりますがクライアントさまの許可を

頂きましたのでシェア致しますね。



その女性は長年、企業に一生懸命勤め、自分の存在価値や社内の居場所を

確保するためにある時、ご自身で「イエスマン」になろうと決意した事を

記憶していると言われました。


そして、自分の意見を言うことを控え、イエスマンになったら昇進したそうです。

数少ない、女性管理職はとてもストレスフル、かつ、孤独。


どんどんと仮面をつけて行かれたのが理解できます。


そして、最近では夜、眠るのが恐いという感覚があったと言われました。

これは、鬱的にではなく、なんとなく帰宅後も忙しくしたり、TVを観たり、

とにかく自分でわざと眠る時間を遅らせてるようだと・・・


朝起きると、毎日、疲れが取れず、ぐったりです。




彼女は眠っている間のアストラル界で、色情霊たちとSEXをしていたのです。


それは、ご本人にもお伝えしましたが、本当にびっくりされていました。


私は霊能系の能力がある友人から色情霊が存在する話や、その友人の体験などは

聞かされていましたが、実際にセッションで出てきたのは初めてで、勉強になりました。


私は普通にしている時は幽霊など、見たくない、見なくていいものは一切見ないので、

このようなセッションを続けていてもおかしくなることなく、そして病気になることなく

今まで続けて来れたのだと思っています。



色情霊などのアストラル界の未成仏の霊たちや、低い波動の人間の想念体は

ネガティブな思念を持っている、不安や、怖れが強い人に憑きやすいです。



しかし、本当に相当な数の悪霊団になっており、眠るのが恐いという表現は

本当に的を得ています。


セッション後はよく眠れるようになったそうです。


アストラルの存在は、人の弱い気持ちに引き寄せられます。


色情霊と長いことお付き合いをしていると精気が無くなっていくそうです。



何だか、真夏の怪談話みたいになってしまいましたが、

霊たちは恐くないのですが、団体になるとやっかいです。



色情霊たちの中には現在、生きている方、それも会社の上層部の方達がおられ、

そのことにおいて何がしたいのか?と言うと・・・


彼女の中のすばらしく健全で元気な男性性を欲しているのです。


女性は男性性を奪われ(女性性では無い所がとても興味深いからくりでした!)、

そのアストラル界の意識の男性たちは自分たちの枯渇している男性性を

その女性から奪い、企業を動かす原動力の助けにしているのでした。


ヒョエ~~~です、本当に!


しかし、そのSEXは無理やりにではなくて、ある意味合意であるのです。

無意識下ですが、女性は会社での自分の安全の確保、保証行為において

それらを承諾していたようです。



これは何もセクハラをされていた女性の話ではありません。


私が意識の純粋性をよくブログに書きますが、この事が言いたいのです。


心で思うこともすでに創造のエネルギーを発しているのです。

無意識にも意識的になり、責任を取ってゆくことはエネルギーの世界では

とても重要なことです。(見えない世界のお話なので難しいですが・・・)


久しぶりにアストラル界のオジサンたちに脅され、凄まれ(セッション中の話です^^。)

ましたが、怖くは無いので、全ては最善であったのでしょう。




皆さまも色情霊にはお気をつけあそばせ!!!



















スポンサーサイト

2013/05/31 02:42 | SSTセッションCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

男性に対する根深い不信感

シベリア紀行も書きたいところですが、セッションをさせて頂いて感じる所が

たくさんあるのですが、あまり書かないので少し表現しとこうと思います。


何故ならば、多くの方にも必要なメッセージがあると思われますので・・・



この地球は、有史以来、意識の進化の道と、科学や物質文明の発達などをしてきていますが、

今、大きく男性原理から、女性原理の社会へとシフトしてゆこうとしています。




SST(スピリチュアルセックスセラピー)のセッションにて・・・

子宮内膜症や、卵巣のう腫などを患っている方などはその影響で第2チャクラは

とても悲しい状態になっているのです・・・


それはそうです。肉体に疾患としてあらわれているだけで、もう体からのサイレンが

鳴りっぱなしだという風に考えてみてくださいませ。

しかし、物言わぬ体は主人が聞く耳を持たないと本当に悲しいのです。



過去世から持ち越しているカルマで、「男性に対する根深い不信感」というものを

多くの女性が保持し続けています。

なので、カルマのパターンで信頼できない父親や彼氏を持ってしまったりしてしまいます。

これらは集合意識にもしっかりと入っています。

TVのニュースを見ても信頼できない男性ばかり目にしませんか?

今だ、戦争をしているのは男性、嘘ばかりつく多くの政治家も男性、

女性に暴力をふるう男性もたくさん・・・

反対に、男性が女性に対する不信感というのもあるでしょうが、

それはまた違う時にお話しましょう。



しかし、これは何も地球に始まったことではないです。惑星レベルの転生においても

性別がある惑星もありますし、他の惑星で同性愛者がとてもジャッジされた歴史もあり、

深い深い多次元レベルにして、多層なものがセクシャリティにおいてあるのです。


今の地球を見ても同性婚などの問題に対しても各国賛否両論、

物議をかもしだしています。同性愛者だというだけで殺人されたりするのは

とても悲しいことですが、この問題も惑星レベルからの持ち越しのカルマが存在しています。


少し話が広がってしまいましたが、愛する人と結婚して、いつかは子どもも産みたいと

頭では考えており、素敵なパートナーが欲しいと思い、実際に婚活している女性でも

無意識層では、子どもを産まされる事に対する恐怖や怒りを持っていたりします。

大きなお腹になり、死ぬような痛い思いをして子どもを産まなければならない。

人のお産はとても難産に出来ています。

(反対に妊娠・出産で大きな喜びを体感する事ができるのもまた事実ですよ^^。
男性は妊娠したくても出来ません。未来には出来るようになるかもね!)


これはキリスト教などでは、ぜ~~んぶ、イブ(女性)の愚かさと罪深さのせいに

されておりますが・・・



なのでですね、顕在意識では彼が欲しいのに、無意識は抵抗する。

また、お腹を大きくさせられるのではないか?そうなってもこのオスは私を

大切に扱うだろうか?動物のように知らない顔で立ち去らないか?


無意識的には過去世の記憶も 保持している私たちは自分のカルマの解消をしたくて、

その本来の愛では無い波動のものを手放したくて右往左往しています。



本当は、女性は男性を深く信頼したいのです。

男性も女性を信頼したいのでしょう。


そして、人間は人間を信頼したい生き物なのでしょう。




悲しい過去世だけではなく、成功体験も手放さなくてはなりません。

過去世に男性で、栄華を誇り、パワーで欲しいものをみんな手に出来ていた人などは、

愛や、女性に対しても全てが自分の思い通りになると信じて疑いません。


今世は女性であるのに、上記のような男性の記憶が無意識下で働いていたとしたら、

その女性の恋愛や、愛情表現は男性原理的な色が濃くなるでしょう。

そうすると、頼りない男性ばかりが引き寄せられてきます。



またまた、長々と書いてしまいましたが、SSTのセッションは

私的にはとても興味深い、そして変容のスピードの速い楽しいものです。



自分自身の深い部分と向き合い、より自分を愛することが出来るようになることでしょう


性は聖なるものです。














2013/05/23 00:38 | SSTセッションCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

愛し愛されって難しいのか?

スピリチュアルセックスセラピー(SSTセッション)はとてもご好評を

頂いておりますが、その中で本当にさまざまなことを私自身学ばせて頂いてます。


自分が感じる感情や思考にはパターンがあるので、人は自分以外の意外な感情や

思いなどを深く知ることは魂のためにもとてもよい学びになりますね。



愛の学校の受講生の方の言われた心に残っている言葉に・・・


「私、やっぱり、愛し愛されということを経験しないと死んでも死にきれないと

思ったんです!!!」



この方は結婚、出産、離婚も経験されております。

20代の女性の叫びではありません。

深いものがあると思うのです。



結婚していて、セックスレスのご夫婦、日本にはたくさんおられます。

それでも家庭はなんとなく、へんてこなバランスを保ちながら存続可能です。

そのような方たちはパートナーのことを「同志みたいです」と表現したりします。

同じ志を持って、ともに進んでゆくという感じかなぁ?

なんか、闘わなければならない社会や、世間というものに、二人が肩を並べて

すっくと前を見据えている感じのビジョンですね。

お互いに頼りになると一目おいて、尊敬や感謝などはあるかもしれませんが、

いかんせん、同志なので、お互いを深く思いやり、見つめあい、受け入れると

いう向かい合って互いの全てを抱合しているようなエネルギーは感じません。



結婚していて、なおかつ、生理的にパートナーを受け入れられない・・・

このようになってしまうと先がしんどいです。


そこには欺瞞と、妥協と、あきらめと、被害者しかいません。


しかーし、女性は往々にして自分が被害者であり続け、相手に加害している事実に

全く気づこうとはしません。


あなたのエゴとプライドから来る、欺瞞、妥協、あきらめは

パートナーのことを人間扱いしていないのかもしれません。


先に裏切っているのはあなたなのかもしれません。


愛し、愛されの関係性とは・・・・


無条件に愛することからしかはじまらないような気がしています。


ただ、愛する。

見返りは求めず、ただ、純粋に愛することが出来たら本当に幸福です


愛し、愛されのエネルギーの螺旋は永遠に上昇してゆきそうですね。


もう今世はパートナーシップなど想定には入れておらず、一人で愛に帰還するという

ことをブループリントに刻印している方も多い時代です。


しかし、どちらにせよ、山の上で一人で悟る時代でないことは確かです。


「いつやるの?今でしょ、今!」

という塾の売れっ子講師の方の言葉が流行していますが、

地球は今、まさに愛が一番必要で、愛し、愛されのエネルギーが足りてないのでしょう。


私の頭の中では、大好きだった清志郎の

「愛しあってるくぁ~~い?」

がいつも応援歌のように鳴り響いています(笑)


心斎橋から愛を叫ぶですね。

意図を持ってどん欲に愛を欲していいと思います。

自分が愛の波動になったなら、見えている世界も変わってくるのではないでしょうか?

そんなみなさんをいつも応援しています。


スピリチュアルセックスセラピーってどんなものと言う方はこちらをクリック!

2013/03/01 11:35 | SSTセッションCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

生理中に気分が暗くなる


いきなりタイトルが直接的ですみません!

昨日のSST(スピリチュアル・セックス・セラピー)のセッションのお話です。また感想も書いてくださいねとお願いしましたので、感想を頂いたらシェアしますね。


女性って、「生理」の前後にはPMSとかある方も多いのではないでしょうか?

不快な症状だけど、その時だけだし、なんとなく放置!となってる。


しかし、セラピストのKさんは明らかに、最近、特に生理が始まると気分が暗くなり、その落ち込み具合が半端なくなっているのに気づいておられました


セッションでは第2チャクラに過去世の男性に対する深い恨みが存在しており、ブラックホールまで出来てしまってました

SSTセッションの2回目で出てきたのですが、その内容は今世の彼女にも影響を与えて、ネガティブなシンクロや引き寄せを生みだしていた・・・

魂はその恨みを昇華させたくて、彼女が恨みたくなるような、信頼できないような(浮気を繰り返したり、自分勝手だったり・・・)男性を引き寄せる結果になっていました。

う~~~~ん、女性に多いのです、この男性に対する強烈な恨み、つらみ・・・

哀しみながらも恨んでいるので相当エネルギーは悪いです

被害者であり、復讐心に煮えたぎる第2チャクラは子宮も悲鳴をあげていました。

第2チャクラをエネルギー的に修復すると、女性の方は浄化がおこり、すぐに生理が来る方がほとんどです。



このほかにも様々、セッション中に出てきましたが、ディバイン・パートナーを引き寄せるには、磁石である自分自身をまずはクリアーなエネルギーにしなければいけません

女神になるためのSSTセッション、なかなか濃く深いです








2012/11/22 09:44 | SSTセッションCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

スピリチュアルセックスセラピーはじめます!

唐突ですが、新しいメニューとしましてスピリチュアルセックスセラピー(SSTセッション)なるものを行ってきます。

これは随分前から上からメッセージが降りて来ていたのですが、のんびり屋の私はほったらかしにしていたのです。こどもの為の暴力防止の為のボランティア活動や、虐待防止の大阪府のこどもサポーターとして様々動いていた時にも「性」がいかに人の尊厳において大きな部分をしめているかということを感じていました。

カナダのメグ・ヒックリングさんの「性の健康教育」のお勉強をした時にも、大人がオープンに自分たちの性についての健全な考えを持たない時、こども達は戸惑い、間違った偏見や、ネガティブな思考を植え付けられたりします。

私はカウンセラーでは無いので、その人を生きづらくさせている部分、闇の部分に光を照らし、スピリチュアルな観点とエネルギー的な要素を用いて多次元的なヒーリングと、自己回復のエンパワメントのサポートを行っています。

本来、古代では「性」は「聖」なるものとして崇められ、崇高なものでした。しかし、現代ではその影はありません。私が教える愛の学校のタントラエナジーコースにおいてもタントリックなエネルギー的な経路のヒーリングなど様々な聖なる性についての学びを深めてゆきますが、日本人の女性のハートがさらに大きく開き、自分自身の本来持っている美しさに気づき、自分自身をまさに女神だと思えるまでに輝いて頂きたいのです


タントラエナジーコースに参加してくれた30代の女性の感想です。

私は欺瞞の中で生きてきました。でも、スピリチュアルのことを勉強したり、本当に素直に人間として、生きるためにはそれは必要のないことというか、本来の自分で生きることは自分の魂に嘘をつかない一番楽で素敵で楽しい生き方ということがわかってきました。ただ、恋愛のことになると、どうしてもsexを体験していないことを認めることができず、恥の意識であるとか、うまく言葉にできないけど、ありのままの自分を認められない感がずっとありました。
 
タントラの最初の日に参加してる人を感じて安心したのか、聖美さんの雰囲気にほっとしたのか、 自分にうそをつきたくなかったからなのか、みんなの前で「sexをしたことがない」といえました。
 
私にとってはほんとうに大きなことで、あ、うそつかずに生きられるんだって心から思えました。タントラの趣旨とは少し離れてるかもしれないけど、私にとってはスタートラインです。次、本当に自分が心から愛し愛される人に出会えたら、いろんなことを伝えたい知りたい知ってもらいたい私をっと思ってます。
  
 
 

彼女は自分自身が処女であるということを心の底で恥じていました。多くの人の為になると思うのでブログにUPしてもよいかと連絡をしたら快諾してくれました。

今、草食男子などと言う言葉が流行り、反対にセックス依存症などという病気も話題になっています。

日本人には他国の人よりも「恥」という意識が遺伝的にもDNA的に深く入っている民族だと私は思っています。それは良い風に表れると、昨年の震災の時でも暴動も起きない国、それは珍しいです。並んでいる列を横入りするのは恥ずべき行為だと誰もが思っているからきれいに並んでいられる。

しかし、みんな黒い瞳、黒い髪、みんな一緒を求められる島国は人と違うことへの許容は相当低いです。

この彼女は自分が一番そのことを気にしており、だからこそ信頼しあえる人たちの前でもなかなか言えなかったことをこのタントラのコースの初日のシェアの時間に話してくれました。とても心がすっきりし、落ち着いたそうです。

この事は恥ずべきことでも何でも無いのですが、SEXと言うのは究極のコミュニケーションなのではないでしょうか?人との境界線、距離感、関係性、自己のアイデンティティ、受け入れること、ゆだねること・・・多岐にわたり人間性そのものが試されるのです。

それは、SEXをしたことがあったとしても、無かったとしても・・・

人と信頼を持って深く繋がることへの恐れや、失敗感、裏切られることへの恐れ、過去のトラウマ・・・それらは過去世に起因する場合や、インナーチャイルド、遺伝、今世の体験など原因は多種多様ですが、自分自身の尊厳を取り戻し、自分の肉体、感情全てにおいて愛する自己愛のためのセッションとも言えるでしょう

神聖なるパートナーシップについてのワークショップも開催していますが、男女が不信感を抱きあいながらアセンションするのは非常に困難で、さらに男女がお互いに憎しみあっているというのはすでにエネルギー的には戦争状態です


真の関係性は、女性が男性を神のごとく敬愛し、こころから受け入れ、男性も女性を女神のごとく敬愛し、こころからの信頼により和合するのが高次の対等な関係性です

そこには奪い合いも、傷つけあいも、コントロールも嫉妬さえないのかもしれません。

CMのキャッチコピーではありませんが、「日本の女性は美しい」と私は思っています。

性に対する制限を解き放ち、大きくシフトして羽ばたいていってください



スピリチュアルセックスセラピー・SSTセッション



90分  33000円(電話・スカイプセッション出来ます)

※セッション日の夜の遠隔ヒーリング込み

※女性専用(男性は瞑想会や、セッション・WS参加者はOK。クライアントさんにパートナーはOKです)

※深い解放が必要だと思われる方は、3回セット価格  77000円をお勧めします。


あなたの性・SEXに対するネガティブな感覚・感情や意識の原因を取り除き、解放してゆきます。
生理痛がひどい方、SEXや妊娠、出産にたいする恐怖など、自分自身でもよくわからないけれどいつも心の奥底にある男性への不信感や恐れm怒りなどにより関係性が上手く作れないと思っている方などにとても必要なセッションかもしれません。

長年の夫婦であったとしても言いたいことも言えずに我慢をしているようであれば、それは対等な関係性ではありません。勇気を持って自己主張しなければあなたの魂は死んでしまいます。あなたはそこでその方とそのような事をしている人ではないのかもしれません。

なぜならば、魂が地上に降りてくる時の最大の望みは自己の創造性の発出、発動、具現化がしたくて降りてくるからです。結婚して、子ども生んで、そんなたいくつな人生私は嫌だと思う人も多くいます。ですが、本当に魂が求めあう高次の関係性においての結びつきはそれ自体がスピリチュアルで、創造的です。

なので、あなたが真のパートナーを望むのは魂の望みであり、そこに抵抗やブロックがあるのも、また愛への帰還の恐れに他ならないのです。どうぞ、あたなの女神性に目覚めるために自分を癒してあげましょう。



2012/05/09 12:56 | SSTセッションCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。