スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

自己を愛する



メリークリスマスでした


24日で仕事納めを致しまして、あとは自己メンテナンスのボディワークと

4年ぶりにマヤ鑑定の秋山さんのセッションを残すのみであります。


秋山さんにはマヤセミナーを随分昔に受けたのですが、マヤのことを話し出すと「この方、おしゃべりなのね?」と困惑するほどしゃべる。

それも鑑定をしてもらったら、聞いている私よりもご自分が一番驚きながら
楽しそうにしてらっしゃるのを見て、この方の天命なんだなぁと感じました。

私はもうすでに人生の総仕上げの13年間に入っており、今年は答え、まとめの1年で、2011年は全く新しい始まりの年らしいです。




最近、娘のことで私が悲しむことがあった時に思ったこと・・・


高い意識の私はすでにその問題を達観視できているのだが、今ここにいる私は感情レベルで相当傷つき(マインドは傷ついたと幻想を見て)、 その時に親とはやはり子どもの幸せだけを願っているのだと客観的に思い、
苦労はさせたくないなどと思ってしまうのだ


しかし、もう18にもなった娘のことを私が幸せにしてやれるわけもなく、
人が自分のことを大切に扱い、愛するということがどれほど他者に貢献していることなのかを痛烈に感じました。

自分が幸せでキラキラと輝いていたらまわりの人もほんわか幸せにしてしまうものね~

目覚めた覚者が一人存在するだけで何百キロに存在する人やものが癒されるのだとか・・・

なので144000人のお話があるわけで


まぁ、心配してもしなくても宇宙は完璧なわけで、彼女が選んでいる現実に一喜一憂する母としての感情を体験し、自己をしっかりと見つめたら、私の過去の失敗体験を投影させて恐れていたことが理解でき、そのことはありがたく感謝してあっさりとリリースしました


人は結局人を救えない、自分を幸せにできるのは自分だけ。

これは冷たい意味では無く、深い深い愛からの言葉です。

人を癒したい・救いたいという言葉はその言ってる人が癒されたい、救われたいと言ってるように聞こえるのは私だけか???


愛はただそこにあり続け、変わることなく流れてゆくのみ。

その愛の流れに帰還してゆこう。

永い永い記憶喪失を越えて・・・


サナンダが満月の日に私に言ってきたこと。


「人のことが気になるのは自分に集中していないからである。
自分自身のなすべきことをしてゆきなさい。本当の愛を体現してゆきなさい。在るべき時に在るべき場所にいれるのだから心配せずに邁進しなさい。」

と、なんだか叱咤激励な感じでした。


夫から、私が家族にどれだけ愛されているか、どれだけ大切に思われているかということを言われます。


本当に幸せだなぁ~と思います。幸せでないとヒーラーなんてやってられません


私も人生いろんなことがあったのでどんな年齢、どんな悩みの方が来られても「大丈夫」と思いながらセッションができるので、人生すべてはOKだし、魂レベルで人を見るとこの世の中に「かわいそう」な人など一人もいないことに気づくはず。


ただ、自分で不幸を選択しているだけなのだと気づいたらその選択を変えてゆけばよいのです。


その点において夫は本当におだやかで人生を毎日純粋に楽しく生きてるのには脱帽させられる。


自己を愛することができている人ってのはこのような人のことだとつくづく感じる。幸せな人です。


この幸せな人に私は何度助けられたことでしょう。


全く違う人格・思考なのでそれがいいのでしょう。


スピリチュアルなことには全く興味はありませんが、直感でちゃんと人のことを観ており、私の友達のことも1度会っただけでだいたいどのような人かはわかるらしく、それがとてもよく人格を見抜いているのだ。


来年はさらに自分の責任を全うしてゆこうと思う今日この頃。


今日、ドルフィンの受講生の方から電話を頂いた。

自分が引き受けてしまうからなのはわかるが、状況が悪くなってゆくばかりだと・・・


私は少し厳しい言い方をさせて頂いた。


それは、古代、現在、未来も含め、時空を超えてミステリースクールの門をたたくということは秘儀参入者として高次の存在からは認識され、そのことにおいて強烈な光のサポートを受けることになる。

真実の光の道を歩んでゆくと本人の自由意思のもと、大きな声で宇宙に宣言してしまっているのだ。


私はドルフィンを教える時には非常に真摯な真剣な顔になっていることと思います。それはとても責任を伴うことだからです。


人は苦しい時だけ神だのみをします。


日々の自分の行動・言動・思考には意識的にはならずに・・・


高次の存在は厳しい愛の表現を使って人を目覚めさせようとしてきます。


それは親ごころなのかもしれません。


そうやって目覚めて目覚めて、やっと自分が苦労を引き受けていたことに気づきます。

偽善や欺瞞、恥やプライド・・・低次の愛と錯覚している情、エゴも含め、
すべて5次元以上にはもってゆけないのです。


本当の自己価値を見出し、無条件の愛にまで自己愛を昇華できたときこそ
本当の光の奉仕が始まるのだと思います


真に癒された人は人を羨むこともなくなるので地球に優しいまさに エコ人間です





いつも楽しそうな夫を見ていると私はいじわるをしたくなる時があるのです。そんな時、癒されていないインナーチャイルドが騒ぐのかしらん?と思いますが、満月のサナンダはこう言ってました(笑)


「自分の闇を統合するべく観るのはよいですが、あなたはすでに癒されています。あなたの光に投影を起こし、人が自分自身の闇をあなたにぶつけてくることもあったかもしれませんがそれすらもうなくなるでしょう。
あなたはシフトしたので、自分の愛をしっかりと受け止め、自覚を持ってそれを表現してゆきなさい。凛としていてください。決して自己卑下することのないように。あなたが見ているあなたのまわりに存在する家族、それがあなたの現実、創造した愛そのものです。それをしっかりと受け取りなさい。
もう過去には全くエネルギーを注がなくてもよいのです。なすべきことはたくさんあります。自分自身に集中していてください。」



ほんとに、「今」幸せであってください


「今」に感謝しつづけて光を選択してゆきましょう


あなたの出したエネルギーがあなたに帰ってくるのです





スポンサーサイト

2010/12/26 17:25 | つれづれCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。