スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

私の求めるもの


今日再確認した。

やはり私は「ヒーラー」であり、ボディではなく、エネルギー・ヒーラー、エーテリック・ヒーラーなのだ


そして私が求めているのはまさに「魂の覚醒」


以前、ある巷では知っている人が多いと思われる男性チャネラー(自称)さんが、おもむろに
全くのくったくの無い感じで・・・

「僕は37歳の時に覚醒したんです。」と言われました。


私の脳裏には「???????」が・・・


そして、この方の言っておられる「覚醒」と私の求める「覚醒」とは違うことに気づきました


私はスピリチュアルな学びを始めてから随分たってから、どれだけ私が「右脳人間」であり、
「直感人間」なのかを仲間から指摘されて気づくくらいに「自分に鈍感」でありました。


なので、「左脳的論理的説明」が苦手な「超感覚人間」なので、「覚醒」の深い意味も
フォーカスする意識によって違うとらえ方がある。


「悟り」と「覚醒」は違います。


もう眠いので説明は割愛しますね、すみません




でもひとつ言っておきます。


「覚醒」した覚者はあまり自分で「覚醒した」とは言わないです。

そして覚者ほど、世間には目立たず、普通の人のようであります。



そして意識の段階も進化を続けるので、終わりというものはありません。

ただ永遠の「在る」という状態。


ただ傍らに一緒にいるだけで癒される、そんな師に会いたいなぁ~~~。


昨年シャスタで出逢ったシャーマンはすばらしいエネルギーだったです


またいつかどこかであえると信じつつ・・・


南米のジョン・オブ・ゴッドにも会いたいなぁ~

私の魂の古い友人らしい。これはシャスタのジムさん(アモラの友人のチャネラーさん)から言われたことです。



本当に目覚めたエネルギーの人の近くにいるとまるで触媒のようにその高次のエネルギーのアクティベーションが
勝手になされ、瞬間ヒーリングや、覚醒をそくしたりすることとなります。


キリストの奇跡的な癒しが聖書にあるように。


そんな人に私はなりたい


真摯に願う純粋な思いは実現される


すべては最善に愛の流れになっている。


すべてに感謝


スポンサーサイト

2011/02/26 03:22 | つれづれCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。