スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

明日、新月瞑想会です。そして無条件の愛



はじめに、明日は、7月2度目の新月

瞑想会にて、26日から始まった新しいマヤの年の祈念をするのもよいかもしれませんね

遠隔参加も大歓迎です


時間     13時30分~15時30分
 
参加費    4000円 (未成年者 1000円)







先日、夫に「何か恐れはある?」と聞きました。

「ママを失うことかな~。」と、ここで夫婦で大笑い決してシリアスなドラマを想像しないでね。


でもその後に「自分の中にママが俺から離れて行くことを想像すると出てくる離したくないという執着があって、それに自分でも気づいていて嫌になる。それって、恐れやろ?」


「それを無くしたい。」


スピリチュアルな話は全くしないけれど、私との関係性において無条件に愛するということを深いところで
コミットしている彼の魂にいつも畏敬と感謝を感じずにはいられない。

素直で純粋、明るく朗らか。

彼の中の包容力は、結婚後に鍛錬され、守るべきこども達が増えるごとに大きくなっていったように思う。

「男らしい」「女らしい」という言葉が好きではないフェミニストさんですが、口に出さないこころの深い部分で
果てしなく、強く、男らしくありたいと望んでいるところが垣間見れて面白い



私のように、幼少期に父親が出て行ってしまったりすると「父性」に「養護」されるという部分が欠落し、またそれを完全に信用できなくなる。

いくらインナーチャイルドをヒーリングワークで癒しても、エネルギーや思考は置き換えられても、納得しない私の深い部分を、経験として夫や彼の家族たち、つまり、義理のお父さんや、お母さんたちに随分癒して頂いたように感じます。

それは、彼らが何かを恩着せがましく私にしてくれたのではなく、リビングで眠っている私にブランケットをかけてくれるお父さんの優しさだったり、そんな些細な日常の一こま一こまの連続で幻想が置き変わっていったのだと思います。

失った信頼を再構築するには、もう一度、恐いけれど、勇気を持ってそれを再体験することをおすすめします。

それは幻想のイマジネーションだけではなく、肉体を持った人間同士のヒューマンン・ラブを通して



最近、私のまわりのクライアントさんからのうれしい報告が続いています


「好きな人が出来ました


「パートナーが出来ました


人が人を純粋に愛するエネルギーはとてもパワフルです


愛は人を強くしますし、優しくします



もし、自分自身を愛せなかったり、誰かを羨んでいたり、人の幸せに嫉妬していたりする自分に気づいたら、

まずは気づいた自分に優しくあってください。


そして、その自分を受け入れ、誰かを愛することを始めてみてください。

それは見返りを望まない、ただ愛するだけの無条件の愛の実践。

たとえば、家族でもいいし、ペットでも身近な人でもいいです。

その人の幸せな状態が、自分の幸福感になるような、人の幸せを純粋に祈れるようになると
自然とそんな自分が好きになっているはずです



なので「好きな人が出来ました~」と言ってきてくれたその人のオーラは

とてもきれいに輝いていました~~


過去にどんな辛い経験をしていたとしても、それを癒してくれるのもまた人との関りだったりします


恐れずに、あなたの中の純粋性にアプローチしていってください




スポンサーサイト

2011/07/30 14:17 | 瞑想会COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。