スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

地震が相次いでおりますが


先日の淡路島が震源の地震に続き、日本列島、揺れていますね。

そして、今日も四川で大きな被害の出る地震があったようです。

四川省では2008年5月12日、M8.0の地震が発生、

死者・行方不明者約8万7000人の甚大な被害が出たことが記憶にあるかと思います。



この2008年の四川の地震の時には私個人的には理解が出来ていなかったの

ですが、私はこの地震直後から3日間、鬱のような感覚とハートが強烈に痛くて

寝込んでしまいました。


涙は出てくるし(この地震に関して一切同情的な感覚は無かったのにも関らずです)、

久しぶりに「死にたい」と思うような感覚がこみ上げてきたのを覚えています。


自己浄化やスピリチュアルなワークや瞑想を続けているのにも関らず、この感覚は

一体何なんだ???と虚無感と脱力、無意味感で友人にSOSを頼んだものです。


友人たちは異口同音に「インナーチャイルドが・・・」と言ってヒーリングを施して

くれましたが・・・



少しずつ元気になり、あるチャネラーさんに後日言われた言葉が一番しっくりときた。


「あなたはその時、多くの方のアセンションを手伝っていた。

そして、その地獄絵図もしっかりと見て感じていたので肉体は辛くなった。

まさに、普通のしんどさやだるさではなく、死にそうにお辛かったでしょう?」



そう!まさにそのような体感覚。


どこの天災でもこのようになるわけでは無く、自分の魂にご縁があるからそうなるとか・・・

スマトラの地震の時はならなったもの。


しかし、その時に思ったのです。


これからの時代、このように地球の波動に連動しすぎると体がいくつあっても足りないと・・・

なので、様々な契約や、思い込みなどを手放し、身軽になったので

以来、あのような感覚は感じたことはありません。


地球は生きています。

そして、現在はすでに文明の過渡期に入っています。

文明は現れては消えてゆきます。

宇宙のリズムです。

抵抗すらできません。



どうか、達観なさってください。

阪神大震災の時に本当に腹に落ちたこと・・・

「この世で仕事が残っている人は死ねないんだ。

そして、助かる人は助かるし、全ては天命なのだ。」ということです。



そして、ひとりひとりが達観し、楽観し、地球に感謝して

楽しく一瞬一瞬を生きていたならば怖れることは何もないのです。


メガネをかけ変えて、全てが善きことの方へ向かっていると信頼していてください。


それでも怖れや不安が出てくのであれば、あなたの肉体に刻まれた過去の記憶です。

それらを癒していってください。


あなたは宇宙から完全に守られており、安全です。


この言葉を幼子のように純粋に信じることが出来ますか?


あなたの信頼を試されています。


あなたは何を信用し、信頼していますか?


もうすでに喜びの世界はオープンゲートされています。


そちらに歩を進めましょう













スポンサーサイト

2013/04/20 16:49 | 光のことばCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。