スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

人間らしい生き方とは?


明日からロシアへ行ってきますね。

遠隔瞑想をお申込みの方で詳細のメールが届いてない方は連絡をください!


アナスタシアの本を読まれた方は「本当にこんな生き方をしてる人いるの~?」とか

思われる方も多いと思います。

私は単純で自分で言うのもおかしいですが、素直なので(笑)「私もそんなふうになりた~い!」と

ワクワクしたタイプです。


でも、世界を見渡せば、自給自足で生活している人々もたくさんいる。

ジャングルの中で部族で生活している人たちもそうだろうし。

日本も考えたら昔はそうだった。

日本はきれいなお水はたくさんあるし、温泉もあるし、山で山菜を取って、

畑を耕し、米をつくり・・・って暮らしがあったのだ。


でも、アナスタシアの生き方は本当に究極ですよね、働かなくてもいいんだもん。

アナスタシアのように、木の実をリスさんたちが集めてくれるようなエデンの園みたいな

暮らしは私たちの意識がもう少し純粋にならないと難しいかもしれないけれど、

自給自足は今、日本の目覚めた人たちも真剣に考えている方向性ではないかと思います。




私たちはすぐ現実が苦しいがゆえに、逃避してしまいがちです。

アナスタシアは、「なぜ、別の土地で暮らそうとするの?まずは汚してしまった

所をきれいにする必要があるわ。」と、言っているそうです。



私たちが日本に生まれているのにも意味があり、物質文明や、経済を発展させ、

原発もた~くさん作ってしまったその結果をちゃんと引き受けないといけないのだと感じます。


この文明の移行期、過渡期にあって私たち一人一人の意識の進化がとても重要なのだと感じています。

それは、アトランティスのカルマの解消です。

物質や、科学に傾倒するあまり、本来の神なる人間性を忘れて暴走してしまった古代のカルマ。


これらは集合意識に入っていますので、スぴりチュアルなことなどあまり知らない夫にも

「私はアトランティスで沈んでいます。」というのがOリングテストでしっかり入っていました。



私たちは何も知らないと思っていても、本当は全てを知っているのです。

それは肉体に、DNAに、そしてハートの奥の神殿に。


「目覚める」と「思いだす」とは同意語だと思っています。


これから、私たちは自分の出来ることから少しずつ、消費社会から循環型の

人にも地球にも優しい生き方を選択しなければいけない時代ですね。


私も遅ればせながら、シベリアのタイガ(タイガとは静かな森という意味だそうです)で

そのエッセンスを感じてこようと思います。


そして、この日本で私たちはどのように自分たちの幸福の在り方を創造してゆくかを

考える機会にもしたいなと思っています。


昨日はお家の水回りを一生懸命、お掃除したので気分スッキリ出発できそうです。







スポンサーサイト

2013/05/14 10:37 | ライトワークCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。