スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

シベリアよりただいまぁ~!


昨日、シベリアのタイガの森ツアーから帰国致しました~。ただいまです

飛行機は成田に着いて、その後は飛行機の連絡が悪かったので電車で帰ることに・・・

新幹線で京都に着くと、LINEで到着時間を知らせておいたら、夫が改札に来てくれていて

びっくりしたぁ。私がLINEを送ってからは圏外になっててお迎えに来てくれているとは

知らなかったから、うれしかったです~

ロシア、遠いからですって。何かよくわかりませんが、家庭的な夫と結婚して本当に感謝しています。

このセリフって、一昔前は男性のセリフ?


帰宅するといつものように、玄関のお花はしっかりと枯れていましたが、そこまでは注文できません。

会社行って、洗濯して、ゴミ出して・・・中学生の息子となんとか暮らしてくれており、感謝・感謝です

今回の旅に、「御霊の法則・言霊・数霊・型霊が導く本当の仕組み 鈴木俊輔著」という本を持って

行って飛行機で読んでいたのですが、その中に・・・



そもそも夫婦は前世からの因縁を持つ存在です。
女性は男性性を学び、男性は女性性を学ぶようになっています。
そこにいきなり、まるで性格の違う赤の他人を巡り合わせると、人生が混乱します。
そこで、クリアできるレベルの、性の違う男女を夫婦とするために、前世から縁のある方がたを
今世に配しているのです。
つまり夫婦は正しく「ベターハーフ」なのです。

夫婦とは、互いに自分の陰であり、男は女を、女は男を学び、陰陽を統一させて神化へと
向かうようになっています。
自分が作った陰は攻撃できません。できるとすれば、それは自分を攻撃することになりますね。
自分の陰(パートナー)を認め、成長させ、やがて目と目で話ができるようになる・・・
だから、いつも夫婦で感謝の言葉を投げかけ合いましょう。



という文章があって、ほぉ~~~と上空にて納得していたのです。


夫は結婚当初、お米のとぎ方もお風呂の洗い方も知らなかったのですから、

現在は、成長著しいです!!ゴミの日は私よりも把握できていたりします。

私も家族の愛により自分の自己愛を成長させてこれたなぁとつくづく感じます。

あえて、著者の文を私流に変えるとすれば・・・

夫婦とは互いの光なのだと思う私です。

結婚当初、自己価値の低かった私の内なる光を見続けて引き出してくれたのは、夫であり、

私は彼の内なる光をいつも羨ましく思っていましたが、それは私の持つ光と同じなのだと

最近やっと思えるまでに成長してこれました。




今回のシベリアのタイガの森ツアーは、アナスタシアジャパンの岩佐晶子さんをはじめ、

お子さん(かわいい光の男の子2名)を含む仲良しファミリーに、男性3名、女性2名の

総勢10名のツアーだったのですが、なんと珍しい、男性4名、女性4名という

すばらしいバランスだったのです


頼もしい子どもたちも男子で、私たち女性はなんと心強かったことでしょう

京都から参加のファミリーはご夫婦仲もよく、関西弁が飛び交い、ムードメーカーに!

旅の仲間たちは家族のようにあまり違和感がなく、気を使いすぎることもなく不思議でした。



きっとアナスタシアに呼んでもらったのでしょう

著者のメグレ氏の娘さん夫婦とお孫さんとも最後の日にノボシビルスクの市内観光と

食事会などもあり、楽しい旅となりました。



また、タイガの森のお話などもブログで書いてゆきますね。

お楽しみに~



遠隔瞑想で繋がってくださっていたみなさまには素敵なおみやげをゲットしてきました

私の感覚ではずっと旅の間中、一緒にいた感じを持っていました。



でも、どこに行っても、やっぱり、日本って素晴らしい国だわぁ~と思う私です。

家族がいるということもありますが、歴史も、自然も、四季も、そして人も・・・

アナスタシアが言うように、生まれた場所をまずは美しくしてゆくこと、

その責任が私たちにはあるのだと実感します。



タイガのシベリア杉には本当に癒され、ハートの愛がまた大きく開いた感覚を持っています。


読んで下さっている皆様に届きますように、愛を込めて




スポンサーサイト

2013/05/21 19:36 | 宇宙の旅の仲間COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。