スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

意識レベルの違い

意識のレベルというのは同じ言葉を聞いてもどのように感じるかとか、

何を想像するかに関係してくるもので、発する言葉にも表れてきます。



自分自身のことを同じく集まった魂の方たちを深く信頼して

自己開示が出来るということはハートの柔らかさとオープンさに関ってきます。


愛と言うものは優しい側面だけではありません。


今、TVのCMで、若い漁師さんが船の上で叱られます。

ふてくされていると、武者姿の男性が現れて、

叱られていると思うのか、教えてもらっていると思うのか、自分次第だ

みたいなことを言うのです。



今までたくさんの受講生さんやクライアントさんを見てきての感想ですが、

自分自身の見たくないところ、見せたくないところが多い人ほど変容が遅くなります。


それは、その部分を自分で自分のものであるのにも関らず、認められずに、

恥ずかしいと思ってジャッジしてしまっているのです。


ジャッジされた肉体(自己)はたまったものではありません。

憤慨して怒りだしますよね?


あらゆる病気、アトピーなども含め、自分自身へのメッセージをしっかりと

受け止めて前へ進んでいかなければなりません。


子育てや近隣の方とのもめごとも全てそうです。


外側から起こっているあらゆることは全て自分の内面の表れであり、

本当に真摯に受け止めなければその先へは進めません。


人からどのように見られるか、どのように感じられるかということを

気にしているには本当にエゴの意識であり、自分自身のことも、

相手のことも信頼できていないのです。


意識レベルが上がってくると自然と全ては自己責任であるということが

深い部分で理解ができるようになってきますが、そこまでに行くのに

苦しくて、悲しくて、自分に言いわけをして、何か問題があると

その責任を他のものにすり替えてしまうのです。


そのすり替えは、ずっと続いていくことになります。


どこかですり替えている自分に気づかなければいけませんが、

自分で気づける人はすり替えません。



私は最近、本当に意識の分化が加速しているのを感じています。


誰かの言葉に依存するのではなく、自分のことを信頼できている方は

他の人のことも信頼できます。


私のことを恐いと言われる方もいらっしゃいます。

それは鏡の質が強くなっているからだと感じます。


意識レベルの進化した方はそれすら自分で理解しておられ、

私の中のものが怖れとなって出てきているのですねと納得されますが。



エネルギーをプロテクトするという考えがありますが、2013年以降は

すでに新しい意識になっていると私は感じており、プロテクトするという事も

その意識の違いによってはさらにプロテクトしなければならない状況を引き寄せます。


なえならば、自分自身が弱いエネルギーを受けてしまう存在であるからプロテクト

しなければならないと宇宙に認めているようなものだからです。



そのような意味において、プロテクトは意味をなしておらず、

そこには分離の意識と抵抗の意識さえ存在してしまっていることがあります。


確かに、今の地球においては玉石混交で本当に色々な存在がいます。

愛の意識で自分以外のエネルギーは引き受けないという意図を持って

境界線をしっかりと保つという考えの方が私は好きです。


プロテクトというよりも、しっかりと愛の場をホールドし続けるということを

愛の学校ではお伝えしてゆきます。


この地球上で本当に手放していかなければならない7つの太陽系のカルマは、

傲慢、耽溺、偏見、憎しみ、暴力、犠牲、恥というパターンです。


すでに地球はどんどんと意識を自ら浄化し(異常気象は浄化です)、そして

銀河の中心からのすばらしい光を受けながら新しく誕生するために

変容をしていってます。


あなたの中の(決して外側にあるのではなく)、傲慢、耽溺、偏見、

憎しみ、暴力性、犠牲、恥を感じるあらゆるものをリリースしていってください。


その事自体があなたを、地球を救う光の奉仕になります。


私はとてもすばらしい活動家の方たちの中にもこのカルマのパターンを

常に発見します。それは人間らしいと言えばそうですし、人にはそれぞれの

プロセスがあるのでまるでドラマを見るように、また過去世を見るように

見ていますが、この集合意識のカルマパターンは手放してゆきたいものです。


意識のパラレルワールドは加速しています。


真実の神聖な愛に標準を持って、自分自身に常に真摯であってください。

あなたがどんなあなたであろうと恥を感じる必要性はないからです。


反対に、自己欺瞞(自分の真実にウソをつき人のせいにするさま)をしながら、

何かにすり替えながら責任を果たすことをしていなければ、そのつけは

すべて自分でとらなければならなくなります。


多くの天使たちは今本当に私たちのサポートをするために私たちのまわりにスタンバイ

してくれています。


ゆだねること、ゆだねきり、子どものように信頼して眠ることを

思いだしましょう。すでにこの地球は天国に移行していっています。




Amarana











スポンサーサイト

2013/08/02 01:56 | 光のことばCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。