スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

腹脳なるもの

信頼するタオ・アルケミアのタリカがFBに掲載していたのを転載させて頂きました。



成功するとかね、人間の本来の力を発揮することって、
頭だけがんばってもダメだし、心だけえいやっとやっても難しい。
だから身体ごと、全部が一緒に働いたら
コントロールが効かない自律神経系に、意識の光がもたらされたら
それが「世界を制す」ってことになるんじゃないかな。
内側に触れるっていうのも、内臓に触れる(感じる)ってことでもあると思う。


意思、即ち自我意識は、大脳の働きです。
しかし、大脳の意思は自律神経系を支配することはできません。
心臓や胃腸は、いかに強力な意思を用いても
その命令には従いません。

それでは心臓や胃腸など、自律神経系の働きは
なんの命令によって動くかといいますと、
それは宇宙意識です。

自我意識の中枢は大脳ですが、それでは宇宙意識の中枢は
どこでしょうか。それは「腹脳」です。

ー中略ー

楽しい生を常時そして長く続けるためには、大脳はあまりにも
無力であり、同時に目的に反する働きをしています。

人間が霊的な生き物として、人生を楽しみながら長く
生きるための方法は、腹脳を鍛錬して
腹脳の働きを強化することです。

「己を制するものは、世界を制す」
という諺がありますが、それは一個の人間のなかに
互いに分裂的に働く二個の我を抱えた人間の能力が
一つの意思(宇宙意識)の支配下のもとに、協同的に
働いた場合、常識を超えた凄まじい力を発揮することを
表現した言葉です。

そのとき、その人間を通じて、宇宙の力が働くのです。

「現代仙道百科」 心身改革の秘法体系 小野田大蔵 著





私の透視は第6チャクラで行っているのではありません。

第3チャクラで透視しています。

これはあまりブログにも書いていませんが、そうなのです。

安全に、しかも広大な宇宙意識にコネクトし、透視をする場合、

腹が大事なのであります。


なので、観えるという感覚よりは、わかるという感覚の方が強いです。

チャネリングにおいても、何かが聞こえてきて、それを通訳するという感ではなく、

それらが通り、流れ出すのにまかせているという感覚です。



脳、ハート、腹、どれもそれぞれに特徴があり、大切ですが、

腹脳という言葉が新鮮でした!!



スポンサーサイト

2013/08/28 02:21 | タオ・無極功COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。